キャッシュレスポイント還元のおさらい

キャッシュレス還元
キャッシュレスポイント還元に関して簡単にまとめてあります。
ポイント還元の仕組みをおさらいしてみましょう。
ポイント還元に縛られる必要はありませんが、キャッシュレスの利用が有利なのは変わりません。

還元される期間が決まっている

2019年10月1日以降2020年6月30日までの「9ヶ月間」がポイント還元対象期間となっています。
状況によっては期間が伸びる事もあるかもしれませんが、一時的な施策です。

すべての買い物が還元対象では無い

ポイント還元される店舗は下記の通り
・対象店舗(中小・小規模事業者やフランチャイズ店舗)
・キャッシュレス・消費者還元事業への参加申請をし、審査登録されている加盟店
つまり、申請していない店舗や家電量販店など大手企業は対象外となります。

このマークが付いている店舗が還元対象店舗です。
キャッシュレス還元

ポイント還元のタイミングが異なる

ポイント還元のタイミングは即時と後からの2種類
大手コンビニ4社(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・ミニストップ)はその場でキャッシュレス分(2%)が値引きされるとの事。
多くの場合は後日ポイント還元となります。

ポイント還元に上限がある

ほとんどのクレジットカードの場合、1枚あたり1ヶ月15,000円が還元上限となっています。(例外もあり)
つまり、5%還元の店舗だと30万円分のお買い物が上限となります。
なお、複数枚利用の場合はそれぞれ別カウントです。
QR決済や電子マネーに関しては各社上限が異なります。

ネットショッピングは複雑化する可能性も

中小事業者が多いネットショッピングは還元対象のショップも多数出店されている事かと思います。
しかし、前述のように申請していなかったり、大規模事業者の店舗は還元対象外となります。
・通常の販売価格
・送料の有無
・通常のポイント倍率
・ポイント還元対象かどうか
比較するべき項目が増える事になります。

まとめ

ポイント還元対象店舗が限定的な事もあり、既にポイントを意識した生活をされている方はよく行く店舗や場所の情報だけ収集しておけば良いと思います。
あまり意識してこなかった方は、この機会に一部キャッシュレス化を導入してみましょう。
ちょっとした工夫で長期的に見ると大きな差となります。

会社の経費を使うような場面では、5%還元の店舗を狙い撃ちしたりするとちょっとしたお小遣いになるかもしれませんね!

地図でポイント還元対象店舗を調べる