資産形成に関するご相談について

資産形成

FPrepでは、国や会社の制度・保険・証券などそれぞれのメリット・デメリット、お客様のリスク許容度や資産形成の目的などをトータル的に考えながら、お客様オリジナルの資産形成プランを作成します。

銀行以外の資産もしっかり把握する

預金(貯金)がなかなか貯まらない。
そんな相談も多いものです。

普段銀行などの残高が増えてる・減っていると気にする方は多いのでは無いでしょうか?
しかし、お金を増やすという事に関して言えば、銀行はお金の置き場所の1つに過ぎません
その他の資産も把握しておく事が重要です。

例えば、銀行預金が1年間増減しながらも100万円のまま変わらなかったとしましょう。
・会社の財形などの積立をしている
・貯蓄タイプの生命保険に入ってたり、学資保険に入っている
・投資信託や確定拠出年金、貴金属などの積立をしている
など他に積立をしている場合、1年間の銀行預金は増減していなくても、資産全体でみた場合は新しく積立をした分は確実に増えています。
また、銀行預金は減ってしまっていても、資産全体でみた場合は増えてる事もあるわけです。

銀行預金は普段目に触れやすく把握しやすいお金ですが、家計全体で見た場合は資産の一部だという感覚を持ちましょう。

銀行とは違うお財布を1つまた1つと増やしていくと、勝手に貯まっていく仕組みが出来ていきます。
5年後の為、10年後の為、20年後の為。。。目的や期間によってどのように貯めれば効率的かも変わってきます。

・お金を増やす為には、資産全体を把握しましょう

銀行以外の資産(社内積立・確定拠出年金・保険・証券など)に関しても、たまに「調べて」「記録」していくとお金を貯めるモチベーションも変わってきます。
自動車や不動産も資産の1つです。
「増えていく」という成功体験が大切なのです。
FPrepでは、目的や期間に応じて何を使って貯めるのが効率的か?という資産全体の管理をひとりひとりの状況に応じて、ワンストップでサポート出来る体制が整っています。

保険の加入・見直し

保険の加入に関しては、ご自身で何のために加入したかを把握している事が重要です。
勧められたまま保険に加入されてる方は特に要注意
本来は専門家の意見を聞きながら「自分自身で判断する」必要があるわけです。

どんなリスクに備えたいのか?
いつまで備えたいのか?
貯蓄性はあった方がいいか?
貯蓄性がある場合、何のためにどれくらい貯めたいのか?
など、ご自身の要望に応じて最適な保険は変わってきます。
保険の1つ1つに何のために加入しているのかという目的が無ければなりません。

また、専門家は取り扱える保険会社の範囲でしか案内出来ないので、取り扱える保険会社の数も保険選びでは重要なポイントとなるでしょう。

  • 保険の事は良くわからないので、加入していない
  • 保険には加入しているけど内容が良くわからない
  • 保険の見直しがしたい
  • 提案されてる保険のセカンドオピニオンを受けたい

そのような方は是非弊社にお声掛け下さい。
あなたのファイナンシャルプランナーが保険の加入・見直しのサポート役となります。

・専門家の意見を聞きながら、最終的には自分自身で判断する

弊社所属のFPはお客様メリット最大化の観点から大規模乗合代理店にも所属していますので、生損保49社の中からお客様のニーズや人生設計に合わせたオーダーメイド型の保険プランをご提案可能です。

資産運用について

資産運用の範囲は幅広いのですが、一般的なものは積立NISAやiDeCoなどでも使われる投資信託です。
投資信託をスタートする場合、どのファンドを選ぶかで将来的なパフォーマンスが大きく変わります

ご自身の思い描いている投資期間やリスク許容度などによって、どのファンドを選ぶべきかは変わってきます。
例えば、5-10年くらいの運用期間で考えている場合と20年、30年先の資金として運用したい場合では選ぶべきファンドが変わってくるわけです。
当然、お客様の投資スタンスやリスク許容度でもファンド選びは変わってきます。

同じ様な名前のファンドでも中身(投資対象)は同じではありません。
同様にパフォーマンスも全く異なるのです。
コストが安ければ良いのか?
みんなが投資しているものを選べば良いのか?
インデックスファンドがいいのか?
すべてを考慮した上で、一番パフォーマンスが良くなるファンドを選べば良いわけです。

  • 最初に決めたファンドから放置している
  • 確定拠出年金で元本保証タイプに入れっぱなしにしている
  • 何から初めていいのかわからない

そのような方は是非弊社にお声掛け下さい。
あなたのファイナンシャルプランナーが投資信託ファンド選びのサポート役となります。

投資信託はファンド選びが肝となる

投資信託の運用や販売をしてる方にとっては、お金を集めて運用する(運用を続けてもらう)のが仕事となります。
しかし、「個人投資家」の立場で言えば、相場状況によっては「運用をしない」選択も出来るのです。
ここはとても重要なポイントで、投資初心者でもプロに勝っている点と言えるでしょう。
長期分散投資・ドルコスト平均法など色々な情報が世の中に溢れていますが、必ずしも積立続ける必要はありません。
投資信託は積立続ける事も可能ですし、相場状況によっては(一部)キャッシュ化して、次の投資機会のタイミングを伺う事も「個人投資家」は可能なのです。

また、分散投資をするにしても、NISA・iDeCo・保険・銀行などトータル的に考えた分散の仕方をする必要があります。
弊社では、証券だけでなく、その他の資産全体を考慮しながらファンド選びのサポートを行っています。

家計の資産形成をトータル的にサポートします

FPrepでは、家計の資産形成をトータル的にサポートしています。

「何のために(目的)・いつまでに(時間)・どれくらい(目標)」お金を貯めていけば良いのかは、ファイナンシャル・プランニング・サービスにてキャッシュフロー表を作る事で明確になります。
国や会社の制度・保険・証券などそれぞれのメリット・デメリットをトータル的に考えながら、対策を立てていきます。
保険加入・見直しのアドバイスや資産運用アドバイスのみのご相談も可能です。

未来を見据えながら、自分自身に合った戦略を一緒に作っていきましょう。
お金に対する考え方が変わるはずです。

お気軽にお問い合わせください。045-900-9207受付時間 9:00-21:00

メールでお問い合わせ