住宅購入に関するご相談について

住宅購入相談

住宅購入は大きなお金が動きます。
住宅価格は普段の買い物とは桁が違う為、ついつい気が大きくなってしまいがちです。
数千万円のお買い物に対して、数十万円のコスト増が小さく見えてしまう方も。
結婚式などのオプション追加に似たところがあるかもしれません。

しかし、住宅購入の場合は元の金額が高額なのでちょっとの違いが大きな違いとなります。
金融機関(住宅ローン)・不動産会社・建築会社・税制有効活用など、最終的な支払総額が数百万円もの差となったりする事は良くある話です。

また、住宅はローンを完済して初めて自分の家となります。
ローンが残っている間は正確には自分の家では無いのです。
住宅購入に関しては注意すべき点は多々あるので、しっかりプランニングしてから購入する事をお勧めします。
今現時点とローン返済予定期間中に将来的な収入・支出が変わる場合はなおさらプランニングが重要となります。

購入できる物件価格と安心して返済していける物件価格は異なる

住宅購入時におけるローン返済負担額が大丈夫かどうかは、今現在の生活状況での返済負担感で判断する事になります。
借入出来るローン金額は年収などによって決まりますが、将来的な生活費の変化などは考慮されていません。
ローンが組める物件価格イコール安心して返済していける物件価格では無い事に注意が必要です。
・今の家賃との比較で購入を決断
・購入できるギリギリの物件価格で購入を検討している
・変動金利が上昇した場合の返済が不安
・将来的な教育費などを考えずに物件を決めた
そんな方は一度将来的なキャッシュフローの確認をしましょう。

キャッシュフローを作る事で明確になる

キャッシュフロー表を作る事で、将来的なお金の流れが明確になります。
どの時期に住宅以外の支出を含めてお金がかかるのか?
どのタイミングで繰上げ返済すべきなのか?
ローンが老後に及ぶ場合の生活への影響はどのくらいか?

・子供を作る予定がある
・将来的に教育費を考える必要がある
・住宅ローン返済期間が退職後も続く
・退職時期が通常よりも早い
・退職前の住宅購入

など、今現時点とローン返済予定期間中に将来の生活が変わる予定の方は特に将来的な資金計画をしっかりしましょう。

住宅購入における資金計画をサポート

FPrepでは、住宅購入前・購入後の資金計画のサポートとして「ファイナンシャル・プランニングサービス」を行っております。
また、住宅ローン選びから物件選び、購入前後の資金計画までトータル的にサポートする「住宅購入サポートサービス」もございます。