人生100歳時代に対して漠然とした今後の不安(神奈川県横浜市 50代 女性)

N.I 様 (神奈川県横浜市 50代 女性)

「メールでのご回答」

【Q1】今回のFP相談で聞きたかった事は何でしょうか?
【A1】人生100歳時代に対して漠然とした今後の不安があったので、その一部でもはっきりと明確化したデータやアドバイスをもらいたいと思っていました.

【Q2】今回のFP相談で解決した問題や新たな気付き、ご意見・ご感想などをお聞かせ下さい。
【A2】現状での仕事、住居、資産、保険等の契約状況と、私の今後の希望とアドバイスを頂いた内容での想定される状況との双方でキャッシュフローを比較することができたので、私が現在検討すべき内容が明確になり漠然としていたものがいくらかはっきりしました.
そうなると検討に方向性が見えるので生活に対して行動力が増し、前向きになったように思います.
相談にのってもらったのがちょうどコロナウイルス騒動の最中だったこともあり、この時期に不安要素がいくらか低減したのは私にとって本当に助かりました.
私からは要領の得ない内容や質問が多かったと思いますが、じっくり話を聞いて下さり一つ一つ丁寧に私が納得するように返答解説していただけて感謝しています.

FPからひと言

このような騒動の中、ご足労頂きまして有難うございました。
今後の方向性が見えたとの事嬉しく思います。
長い人生どのような方向に進むかはわかりません。
事前にいろいろなパターンで将来に備えておくことで安心感が増すかと思います。
ライフプランは常時予定とは変わってくるところでもありますので、環境の変化などありましたら随時サポートしていきます。
引き続き、宜しくお願い致します。

■担当FP
平原 憲治

■サービス内容
ファイナンシャル・プランニング