民間の自動車保険には入るべき?

自動車事故

「車を購入する予定だけれども、民間の自動車保険に入った方が良いのかな?」と思われている方にお伝えしたいのは、自動車保険はたとえ任意であっても必ず加入した方が良いということ。

自動車保険に加入していないと、事故が起きたときにその後のあなたの人生が大きく狂ってしまうかもしれません。

そこで今回は、自動車保険の必要性について、あらためて解説していきます。

自動車保険とは?

自動車保険とは、自賠責保険だけではカバーできない範囲を補償する損害保険です。任意保険とも言われており、民間の損害保険会社や共済などを通じて加入できます。

自動車やバイク(原付き含む)を購入したときは、必ず自賠責保険にします。自賠責保険は法律によって加入が義務付けられている保険で、加入しないことは法律違反です。

しかし自賠責保険の補償範囲は、交通事故が起こった場合に事故の相手が亡くなったり後遺障害やケガを負ったりした場合のみ。その他の損害をカバーするために、自動車保険に加入します。

自動車保険の加入率は、20193月末時点で約75%です。※出典:損害保険料算出機構「自動車保険の概況 2019」つまり約25%の人は、自動車保険に加入していないことになります。

それではなぜ自動車保険が必要なのでしょうか?ここから自動車保険の必要性について解説していきます。

必要な理由①自賠責保険だけでは補償範囲が狭い

まず1つ目の理由は、自賠責保険だけでは交通事故で発生する損害のすべてが補償されない点です。

自賠責保険で補償されるのは事故相手の死傷のみ。以下のようなリスクには対応できません。

  • 事故相手の車やもの、施設などを壊したときの補償

  • 自分自身や同乗者の死傷に対する補償

  • 自分自身の車が壊れたときの補償

以上を補償するためには、任意の自動車保険に加入しなければなりません。特に自賠責保険では、自分自身が交通事故で負うリスクに一切対処できないのです。

自分自身が交通事故を負った場合は、ケガの治療費が必要です。仮に働けなくなった場合は、収入が低下してしまう恐れもあります。また、自分自身の車が損害を受けることで、高額な修理費が発生し、経済的に大きな負担を強いられることになるでしょう。

もちろん、相手の物を壊してしまった場合は、損害を賠償しなければなりません。さらにコンビニやスーパーなどの商業施設に突っ込んでしまうと建物の修理費用や商品の廃棄費用など、個人では払いきれない額を賠償する可能性もあります。

このように自賠責保険だけでは、交通事故のリスクをあまりカバーできていないため、自動車保険の必要性がとても高いのです。

必要な理由②自賠責保険だけでは補償額が少ない

理由の2つ目は、自賠責保険だけでは相手の死傷に対する補償額も少ない点が挙げられます。

交通事故に相手が死傷した場合は、何億円もの損害賠償を負う可能性があります。しかし自賠責保険で補償される額は、以下の通りです。

  • 相手の死亡:最高3,000万円

  • 相手の後遺障害:最高4,000万円

  • 相手の傷害:最高120万円

相手が後遺障害を負った場合、後遺障害の程度に応じて定められた第114の等級に対応する保険金が支払われる仕組みです。

相手に対する損害賠償が数億円にもなる可能性を考えると、自賠責保険だけでは相手の死傷に対する損害賠償の備えとして十分な金額とは言い切れません。

そこで自動車保険に加入し、対人賠償保険に加入することで、保険金額が無制限となり数億円の巨額な損害賠償に備えられます。

必要な理由③自動車保険は特約やサービスを充実できる

3つは、自動車保険には、自賠責保険にはない特約を付加できたりサービスを利用できたりする点です。交通事故が発生すると、治療費や修理費用以外にも、さまざまな諸費用が発生する可能性があります。

例えば、事故の交渉を弁護士に依頼した場合に弁護士に対して支払う数十〜数百万円の報奨金が発生します。自動車保険で、弁護士費用特約を付加すると、交通事故の交渉を弁護士に依頼した場合の報酬を保険金で賄うことが可能です。

また、事故にあった車を修理している間のレンタカーや代車にかかる費用も、自動車保険の特約でカバーできます。

このように、自動車保険に加入して特約で補償を充実させていると、交通事故にあった時の諸費用もカバーできるため安心ですね。ただし特約を付加すると追加で保険料が発生します。現在の生活を圧迫しない範囲で、検討してみてください。

まとめ

今回の記事を読んでいただいて、自動車保険の必要性の高さがお分かりいただけたのではないでしょうか。強制加入の自賠責保険だけでは交通事故に対する補償が万全であるとは言い切れません。

特に、交通事故を起こして相手を死傷させてしまった場合、損害賠償は数億円に及ぶことがあるため、自動車保険は必須であるといえますね。

「車が欲しいけれども任意保険に加入すると金銭的に生活が厳しくなる」という方は、自動者保険に加入できる経済的な余裕が出るまで、自動者購入の延期をおすすめします。

もし、どの自動車保険に加入すれば良いか分からないという方は、ぜひ弊社のFPまでお気軽にご相談下さい。補償の持ち方などを説明させていただいたうえで、あなたにピッタリの自動車保険を見つけるお手伝いをさせていだきます。

【初回ご相談無料】あなたのファイナンシャルプランナー

「ライフプランニング」「不動産」「資産運用」「保険」「相続・贈与」「タックスプランニング」FP6分野をトータル的に考え、お客様のライフプランに沿った資産形成を中立的な立場でアドバイス出来るのがFPrepの特長です。 お気軽にお問合せ下さい。
【オンラインでの面談も可能です(全国対応)】