投資の初心者必見!つみたてNISAの良い点と注意点を分かりやすく解説!

つみたてNISA
最近ニュースや雑誌で見かけることが多くなったNISA。認知度が高まっているNISAですが、まだNISAを始めていない方や、内容をよく理解していない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、NISAの中でも初心者におすすめな「つみたてNISA」について、わかりやすく解説していきます。つみたてNISAで投資を始めることで、預貯金や積立保険でお金を貯めるよりも、さらに効率的にお金を殖やせる可能性があります。

これからは国や企業に頼るのではなく自分自身での資産形成がとても重要な時代になっていくでしょう。つみたてNISAについて知っていただくことで、将来の生活をより豊かにできることにつながるため、ご一読ください。

つみたてNISAとは?

つみたてNISAとは、投資で得られた利益が一定額まで非課税となる制度のことです。

日本では、投資信託の売却益や株の配当金など投資によって利益が出た場合、20.315%(所得税:15.315%、住民税:5%)の税金を支払わなければなりません。

しかし、つみたてNISAの口座を通じて購入した金融商品によって利益が発生しても非課税となります。

例えば、投資によって20万円の利益を得たとき、通常は税金が引かれて手元に残る金額が約16万円まで減ってしまいます。一方で、つみたてNISAで得た利益に税金はかからないため、20万円の利益をすべて自分のものにできるのです。

それではつみたてNISA と一般のNISAは、何が違うのでしょうか?次で詳しく解説していきます。

つみたてNISAと一般のNISAは何が違う?

つみたてNISAと一般のNISAは、年間の非課税枠や利用できる期間などが大きく異なります。

つみたてNISAでは、年間で40万円までの投資に対して税金が課せられなくなります利用期間は20年ですので、非課税枠は最大で800万円ですね。

一般のNISAは、年間120万円までの投資が非課税となるため、つみたてNISAよりも年間の非課税枠は多くなります。しかし利用期間は基本的に5年ですので、非課税枠も最大で600万円です。

このように長期的な視点で考えると、つみたてNISAの方が非課税枠が多くなります。

それでは、つみたてNISAは具体的にどの面が優れているのでしょうか?つみたてNISAの良い点を確認していきましょう。

良い点①優れた投資商品から投資先を選べる

つみたてNISAで選択できる投資商品は、金融庁の審査に通過し厳選された投資信託から投資先を選べます。

投資信託は、資産運用のプロにお金を預けて、運用を委託する金融商品のことです。自分の代わりに資産運用のプロが、日本や外国の株・債券などに投資して、預けられたお金を殖やしていきます。

世の中には、たくさんの投資信託が販売されています。しかし中には、あまりお金が殖えていかないものや手数料が高いものなどが混ざっており、投資に詳しくない方が優れた商品を見分けるのはとても困難です。

しかしつみたてNISAで選べる投資信託は、購入時の手数料や信託報酬(資産運用のプロに対して支払う手数料)などが低く、コストパフォーマンスに優れている商品から選べます。そのため投資の初心者でも、安心して投資先を選定できます。

良い点②少額からつみたてを始められる

つみたてNISAは、多くの場合で最低毎月1,000円から気軽に始められる点です。場合によっては100円から始められるところもあります。

投資と聞くと、株や不動産のように数十〜数百万円ほどの自己資金が必要なものを思い浮かべる方もいらっしゃるでしょう。

しかしつみたてNISAであれば、100や1,000円など家計に負担をかけない範囲で始められます。非課税枠の利用可能期間が最長で20年あるため、収入が上がって家計に余裕が生まれたり、投資についての理解が深まったりしたら積立額を増やしていけます。

以上がつみたてNISAの良い点です。しかしつみたてNISAは、注意すべき点もあるため併せて確認していきましょう。

注意すべき点①損する可能性もある

つみたてNISAは投資ですので、得する可能性もあれば損をする可能性もあります。
つみたてNISAで選べる金融商品がいくら優れているからとはいえ、損失が発生し元本割れとなる確率はゼロではありません。

また、一般NISAと異なり、「厳選された投資信託から選べる」事は利点ではありますが、言い換えれば「厳選された投資信託からしか選べない」とも言えます。

注意すべき点②利用可能枠が余っても翌年に繰り越せない

つみたてNISAで年間に40万円投資しなかったとしても、非課税枠が翌年に持ち越されることはありません。

例えば、毎月1万円、年間で12万円を積み立てた場合、余った28万円分の非課税枠は、翌年に繰り越されずに消滅します。

また購入した金融資産を売却しても、非課税は戻りません。仮に1〜6月まで毎月3万円ずつ合計18万円投資したあと、7月に全て売却しても、年内で利用できる非課税枠の残りは22万円のままです。

まとめ

このようにつみたてNISAには、優れた投資商品から選べて、100〜1,000円など少額から投資を始められます。そのため投資の経験がない方にとっては、つみたてNISAで投資を始めてみるのがおすすめです。

お金を貯める手段として方法として預貯金や積立保険しかしたことがない方は、ぜひつみたてNISAで資産形成を始めてみましょう。また、つみたてNISAについての不明点や自分に合った資産形成の方法を知りたい方は、ぜひ弊社のFPまでお気軽にご相談ください。

初心者でも分かりやすいように、できるだけ難しい言葉を控えて解説しています!